モントレイル青梅高水山トレイルランに参加してきました

青梅で山岳マラソンに参加してきました。 参加者1500名! 思ったより多くてビックリしました。 にしてもほんといい天気で、山桜満開の気持のいいコンディションでした。 私は初めての山岳マラソンという事で(というかマラソンも初めて・・・)15kmに参加。 後半はバテバテでしたが、見事完走!! 嬉しかった。 苦し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵野ビール工場見学

のっけからお勧めします、サントリー武蔵野ビール工場見学! ワイン工場もそうですけど、得点だらけです。 利点1 : ビールのうんちくを体験として知れる 利点2 : 試飲が3杯までできる! それも生をグラスで!  利点3 : しかも、つまみ付き! 利点4 : 無料 利点5 : 奇麗な案内係さんに説明してもらえる 利…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

箱根 慰安旅行

職場の慰安旅行で箱根に行ってきました。 温泉は露天が、やはり気持ちよかったですねぇ。 外の気温との温度差がたまらないです。 湯に浸かりながら☆を見て、あの☆から見れば地球も同じように点なんだよなぁとか感慨に耽りながら。 焚き火もそうですが、湯に浸かりながら、面と向かってではない会話って何かいいですよね。 特に、…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

末期だ・・・

ゴアさんに触発され、温暖化に関して少し調べてみました。 印象は、「地球は末期癌状態」だなという感じ。 1999年に国連環境計画という組織が報告書を出しました。 その中には、地球温暖化はもう止められないだろうというものが載っていました・・・。 もちろん、提言も載ってて、「頑張るぞっ」て感じですけどね。 報告の概要はP…
トラックバック:4
コメント:7

続きを読むread more

統合医療に期待

統合医療、代替医療が最近注目されていますね。 最近と言っても、昔からあったような気はしますが・・・ 形として整理され始めたと言った方がいいかも知れませんね。 今私が勉強しているヨーガ療法もその中に入り、今後は一般的なヨーガのインストラクターとは異なり、「ヨーガ療法士」として、医療の分野への活躍が期待されています。 統合医…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

多摩動物公園に行ってきました

多摩動物公園に行ってきました。 動物園は何か、檻に閉じ込めている感じがあって好きじゃなかったので、最近は全然ご無沙汰でした。 しかし、知り合いに「多摩のは1日歩いても十分楽しめるくらい広いよ。」 と言われ、ピクニックだと思って行ってみようという事に。 あと、四足動物の脊柱の動きを探求できるかもというわくわく感があ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心療内科って何?

ヨーガ療法士の勉強を初めてから、「心療内科」の存在をしっかりと認識しました。 「心身症」と言う名前も、知ってはいましたが、精神疾患の1つだろうくらいにしか思っていませんでした。 医療者として恥ずかしい次第です。 そこで、心療内科とは何かを紹介したいと思います。 また、何故「心身症」にヨーガが効くのか。 まず「心療内科」…
トラックバック:9
コメント:3

続きを読むread more

緑と共に育つ施設

今年から毎月数日間福岡に研修に通っています。 今回は飛行機までの空いた時間に、ふらっと天神の知らない町を歩いてみました。 すると、森に飲み込まれているような異様なビルがあるではないですか! まるで、そこだけナウシカの物語の世界のよう。 目の錯覚? 真相を確かめに行ってみました。 そこの名前は天神中央公園に隣接…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

空港で通所リハ・グループ作品展

たまたま、研修で訪れていた福岡の空港で、「リハビリテーション・グループ作品展in福岡空港」 なるものに遭遇した。 リハビリテーション?作品展?空港で? 「?」マークばかりで、ビックリした! でも、作成者の写真(それも笑顔)があると自然と和んで、納得してしまう。 かつ、お世辞抜きで作品が素晴らしいので、普通に見入ってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーガ療法士への道始まる

4日から、町田の日本ヨーガ・ニケタン東京支部でヨーガ療法士への道が始まりました。 3年間の勉強です。(まずは前期の1年間) ヨーガ療法士とは、ヨーガを使って、心身を健康に近づけるお手伝いをする療法士の事。 (詳しくはヨーガ療法士学会へ) 近代のストレス蔓延の社会に必要とされている領域だと思います。 心と身体のバラン…
トラックバック:5
コメント:19

続きを読むread more

ノルディック・ウォーキング体験会

ノルディック・ウォーキングの体験会に参加してきました。 場所は、代々木公園。 参加者30名。 老若男女。 ナショナルインストラクターの方の講習でした。 ノルディック・ウォーキングはフィンランドが発祥の地。 もともとは、クロスカントリーの練習だったみたいです。 確かに、クロスカントリーを意識して歩くと、歩き易…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

アファンの森財団「会員の集い」に参加

C.W.ニコル・アファンの森財団、第2回「会員の集い」に参加してきました。 場所は、目黒の東京都庭園美術館、新館大ホール。 200名近い参加者だったと思います。 前回同席させて頂いた方や、実際にアファンの森でご一緒させて頂いた方もいらっしゃって、どことなく懐かしい感じでした。 同じ志しを持っている方々の集まりなため、とて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「不都合な真実」観て来ました

「不都合な真実」観て来ました。 アル・ゴアさんの信念が伝わってきました。 こういう人が、人の先頭に立つべき政治家なのですね。 日本の政治家は全員見るべきですね。 環境問題はまさに、「point of no return」に来ています。 絶望的です。 北極も南極も、想像以上の速さで溶け、氷河は消えつつあります。 世界…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

カフェ・スローに行ってきました

カフェ・スロー に久しぶりに行ってきました。 「豆カレー」美味しかった。 ケーキの盛り合わせも、絶品! のんびりとしてきました。 ここは、素晴らしいコンセプトを持っています。 「スロー・カフェ宣言」と言うもの。 詳しくはHPで。 私が好きなのは、ここの照明と手作りの建物そのもの。 とっても暖かい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

骨折防止パンツ

転倒しないのが一番。 でも、危ないからといって車椅子? それも極端。 でもやはり、大腿骨頚部骨折は確かに多い。 年間10万人以上。 原因の70%以上は転倒(日整会の調査結果による) となると、対策としては、まずは転倒予防。 そして、転倒を前提に考えれば、転んでも折れなければいい。 で、骨折予防パンツです。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

4/22はアースデイ東京 2007

アースデイ東京2007のフライヤーがありました。 今から紹介しても、ちょっと速い気はしますが紹介です。 アースデイとは 「1970年 アメリカで始まった4月22日を地球の日とする、世界最大の環境フェスティバル」 です。 東京では代々木公園で行われます。 詳しくはHPで。 紹介には速いと言いつつも、サイト自体に有…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

物産展

意外と楽しい物産展。 今回、立川の高島屋で開催されている冬の北海道展 (物産展)に行ってきました。 あまりというか、殆ど百貨店には行かない質なので、縁がなかったのですが、たまたま行ってみたら、これが意外と楽しい! その空間が市場のようで、活気があって、香りも様々で楽しませてくれた。 また、試食が多いのも楽しい。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

寒い季節はあんこう鍋が美味しい

寒の入り後、寒い日が続きますが、寒いからこそ美味しいのが鍋! 私は毎年、茨城の”旅館ごとう” であんこう鍋を食します。 季節ものだから、寒いと食べたくなってうずうずします。 今回もやはり期待を裏切らず、満足の味わいでした。 思い出すだけでまた口の中が、唾液で・・・。 こんなにグロテスクなのに、淡白なお肉と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブータン王国のGNH

GNP(国民総生産)に対し、ブータン王国では、1972年にGNH(国民幸福量)を提唱。 「経済成長自体を目標とするのではなく、目標はただひとつ国民の幸せである。経済成長は幸せのための手段のひとつにすぎない。そして、幸せは非物質的満足感、情緒や感情、精神的な満足にある。」 とは国王のお言葉。 これは、幸せが何であるかを知らな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

總持寺の日曜参禅会

總持寺の日曜参禅会に参加してきました。 参加者は70名を超す人数で、さすが総本山という感じ。 總持寺は初めてだったので、まず敷地の広さに驚いた。 見事な七堂伽藍! 生活の行為全てを神聖化し、禅そのものに成らしめた曹洞宗。 歴史を感じさせます。 座禅は3年前に萬松山可睡斎で宿坊した時よりも、ヨガをしているせいか…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more