テーマ:医療

介護保険と地域

昨年から、介護保険事業に携わらせてもらっている。 「新予防給付」というものが昨年に出来、「要支援1・2」が新設された。 理念は、「要介護」状態にならないように「予防」する事。 「水際作戦」という。厚労省 しかし、本音は結局医療費の削減・・・。 予防といいつつ、要介護1の人の振り分けが殆ど。 つまり、元気な人の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

胸を張り過ぎちゃぁだめだよ

立て続けに腰痛の患者さんを観て思う事が。 自分では、 「胸を張っていい姿勢だと思うんですけど。」 とのこと。 そういえば、いい姿勢と言うと「胸張って!」 なんて聞きますよね。 でも胸だけを張ろうとすると、お腹が前に出てしまう事が往々にしてあるんですよね。 そして、膝は反張に。 腰は前弯(でも腸骨はPI)が強調され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

統合医療に期待

統合医療、代替医療が最近注目されていますね。 最近と言っても、昔からあったような気はしますが・・・ 形として整理され始めたと言った方がいいかも知れませんね。 今私が勉強しているヨーガ療法もその中に入り、今後は一般的なヨーガのインストラクターとは異なり、「ヨーガ療法士」として、医療の分野への活躍が期待されています。 統合医…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

心療内科って何?

ヨーガ療法士の勉強を初めてから、「心療内科」の存在をしっかりと認識しました。 「心身症」と言う名前も、知ってはいましたが、精神疾患の1つだろうくらいにしか思っていませんでした。 医療者として恥ずかしい次第です。 そこで、心療内科とは何かを紹介したいと思います。 また、何故「心身症」にヨーガが効くのか。 まず「心療内科」…
トラックバック:9
コメント:3

続きを読むread more

骨折防止パンツ

転倒しないのが一番。 でも、危ないからといって車椅子? それも極端。 でもやはり、大腿骨頚部骨折は確かに多い。 年間10万人以上。 原因の70%以上は転倒(日整会の調査結果による) となると、対策としては、まずは転倒予防。 そして、転倒を前提に考えれば、転んでも折れなければいい。 で、骨折予防パンツです。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

森の診療所

森の診療所に行ってきました。 まだ今年の4月にできたばかりで、奇麗でした。 場所がちょっと都心からは遠いので人は少なかったけど、逆に貸し切りって感じで贅沢に・・・。 全人的医療をかかげているみたいで、医師に看護師もいて、マッサージや温泉もあるという変ったところ。 まだ、今作り上げている感じでしたが、これからもっと充実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

説得力・・・

「あなたメタボリックシンドロームですね。 食事気を付けて下さいよぅ、それと運動もね。」 って、肥満の医者に言われたくない…。 「姿勢ひどいね。 歩きも揺れまくってるよ。 気付かないの不思議だよねぇ。」 って、ひどい歩きのPTに言われたくない…。 「タバコは我慢して下さいね。 自分の肺の事もっと大切にして下さい!」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国の患者・リハビリいじめ

本当に憤りを感じる。 医療保険は日数で終わり。 介護保険へ移行して下さい。 訪問リハビリへ移行して下さい。 でも、介護保険の事業所は少なく、リハの充実しているところはもっと少ない。 かつ、個別リハがあっても20分間。 介護保険も「要支援」を新設して、ここでも費用抑制。 要介護1~2のほとんどが次の更新で要支援へ。 要…
トラックバック:8
コメント:2

続きを読むread more

医療費の抑制には、教育じゃないかなぁ・・・

何度も書いてるかもれませんが、医療費の抑制をしたいなら、根本的なことを考えないといけないと思います。 負担額を増やすとか、サービスに制限をするとか。 そういう、お金の問題に対してお金でなんとかしようというのが、ナンセンスな気が・・・。 というか単純過ぎ・・・。 本気で調査して、因果関係を考えた結果の解決策なの? と思ってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老化と廃用

最近介護予防が提唱され、老人の廃用が問題視されています。 廃用の原因には、風邪や病気、環境の変化などの切っ掛けで、動かなくなり、自分への自信喪失とともに、廃用が進んでいくとされています。 その、切っ掛けの時に必要な対応を行って、廃用を予防しようというのが「水際作戦」。 たしかに、いい作戦だと思います。 自信喪失・・・これ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パーキンソン病に有効~レーザー発光杖~

いいですよこのレーザー発光杖! パーキンソン症状の患者さんが持ってきてくれました。 手元のボタンを押すとレーザー線上に出て、跨ぐようにして脚が出せる代物。 突っ掛かる事も無い。 明る過ぎると見えずらいが、屋内ならば問題なさそう。 横浜南共済病院の岡田先生(神経内科)という人が考えたそうですが、パテントなどは取らず、広め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨガの予防医学的意味合い

今、職場でヨガ教室をお恥ずかしながら行っています。 職員対象なので、基本的に20代です。 これが意外と、腰痛だの側弯だのあるんですよ。 病院に行くまででは無いんだけど、あるんですよね。 これって現役の会社員なんかも同じですよね。 その病態を見ながら、うちの病院の患者さんとかぶって・・・ これが年月を重ねると・・・…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

日数制限

8月27日の医療保険の日数制限の日を過ぎました。 TVでも何度か、特集を組まれていたようですが、結局過ぎてしまいましたね。 法律というのは、無情ですね。 法律を作っている人達は辛くないのでしょうね。 でも、だからこそ改革を断行できるといえば、その通りだし・・・。 結局、毎度のように解釈の仕方で、色々と対応できるみたいで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コルセットの付け方

腰痛の人がコルセットを付けるのは、治療でも予防でも常識ですね。 それは、腹圧を高めて腰椎を安定させるためです。 では、どのように装着するか。 皆さん、座ったり、立ったりして付けてませんか? 結構多いんですよこれが。 起きていると、内蔵が下がっているので、腹部をしっかりと圧迫するのは困難です。 基本的には、寝て(仰向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式呼吸

腹式呼吸では吸気で腹部を出すように強調されますが、それは体にいいの? 私的には「・・・?」首を捻ってしまいます。 呼吸には強調して使う部位によって ①腹式 ②胸式 に分かれます。 もちろん本来両方使っているのですが、人によってどっちが優位かという傾向の話です。 女性は胸式 男性は腹式 が優位といわれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピラティス・リハビリテーション研究会に参加

ピラティス・リハビリテーション研究会に参加してきました。 当初の定員は200名でしたが、結局400名に! 関心の高さがうかがえる人数です。 8割はPTでした。 その他、医師やダンサー、インストラクターという感じでした。 主催は、福岡の武田スポーツ・栄養クリニック院長の武田先生。 医療の分野から、ピラティスを取り上…
トラックバック:6
コメント:5

続きを読むread more

企業に理学療法士を

IBMでは休憩時間にヨガを取り入れるようになっているとか。 ヨガでなくとも、休憩時間に15分程、坐位で寝るだけでも脳の効率化が図れるというのは常識化しつつあります。 進んでいる企業では、社員の健康がしいては企業の効率に繋がるという事が分かっているようです。 医療費負担の増加が叫ばれていますが、目先のようがして残念です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形内科・・・は?

昨日患者さんと話していて・・・ 「今まで色んな整形外科に行ったんですけど、レントゲンでは大した事無いから大丈夫と言われ続けて、ずっと痛いまま我慢していたんです。」と・・・。 またか・・・、と思いながらも「でも、ここで理学療法に出会えたのだから良かったじゃないですか。」と前向きフォローを。 別にカイロでも整体でもいいと思うの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予防医学は義務教育から

同僚と飲んでいて、「義務教育でもう少し身体についてやってくれれば、最高の医療費削減じゃない?」との意見。 その通り! 当たり前だが、こちらの専門的な話を理解して、自分から治療に参加してくれる人(積極的参加)は治りが早いし、治る確率も高い。  逆に、何度説明しても理解してくれず(理解能力の低下)、治すのは自分ではなく、医療者であ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

反射シール

患者さんの靴を見たら踵に反射シールが! 素晴らしい! 「これはいい考えだねぇ。」と私が言うと、 「私がフラフラ歩いてたら、警察官の方に呼び止められて貼ってくれたの。よっぽど危なそうに見えたんでしょうねぇ(笑)。」と恥ずかしそうに答えていた。 その警察官は反射テープを持ってパトロールしていたのか! なんとアイデアマンな、貢献…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

五十肩の自己訓練方法

母が五十肩みたいなのでネットで私的にみて、お勧めのサイトを探してみました。 基本的には東邦医大医学部整形外科教室の内容が分かり易いと思います。 肩関節周囲炎は、上腕二頭筋長頭炎や石灰沈着性腱板炎など様々な原因で起こる、一種の老化現象です。退行変性と言ってもいいかもしれませんね。 びどければ腱板断裂・・・。 年齢とともに肩…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

医療法改正・・・

永田議員なんてどうでもよかったのに・・・医療法の改正や障害者自立支援法案など議論すべきものは全然表には出ず、医療サイドではこの大改革にアタフタしております。 あのメールも、マスコミの必要以上の取り上げ方など、何か背後に操っている者がいるのでは?と疑いたくなるような状態ですね。 医療法改正案、今月の10日頃に詳しいものが発表に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

非利き手を使用する楽しさ

基本的に偶数日は右手、奇数日は左手を使用してご飯を食べてます。 非利き手を使うようになったのは、中学生時代のつまらない授業の暇つぶしが切っ掛け。 私は右利きなので、左手でノートを取ったりしてました。 かつその時憧れていたのが、太鼓のプロ集団「鼓童」! そこの研究生達は対称的にバチが打てるように非利き手を日常で使用していたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食事と病気

「病気にならない生き方」という大層な題の本の事をラジオできき、丁度食事と病気に付いて興味があったので、最近多用のネットで即購入し読んでみました。 著者のDr.新谷は高齢にも関わらず、ご自分の健康法で未だ病気で入院した事もないと、実に実践的で説得力のある方ですね。 権威のある医者であり、当然臨床経験もとっても豊富。 医療系の私と…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

感じる美術館

一風変わった研修を受けに仙台に行ってきました。医療系の研修なのに、会場は宮城県美術館・・・。 セラピストとして「感じる」事は大切。それは主観を通してである事は自明の理。最近EBMの重要性(科学性)が強調されていますが、我思う故に我あり・・・である訳です。そこをなしにした臨床はあり得ないと思います。医療は人間と人間の関係ですから。特…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット

私はA型です。お酒はワイン以外苦手ですぐ頭痛、コーヒーは全く飲めません。レモンとグレープフルーツが好きで、お肉を食べ過ぎると便秘します。卵アレルギーで喘息を持っています。ストレスに弱く鼻炎持ち。何故でしょう? 何と、この答えが、「ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット」に載ってました!びっくり。 血液型って何?授業で習ったよ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「運動療法」とは? 「リハビリ」とは?

理学療法士にとっての「運動療法」と、一般社会で認識されている「運動療法」は同じニュアンスで使われているのか・・・?正直、重要なところだと思います。 今日、健康運動指導士(http://www.jafias.net/)の方達と少し話す機会があって、色々と思う事が。 会報誌を見せて頂いて、まず飛び込んだ文字が「運動療法」。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「カラメル」

今日からブログを初めますジョージと申します。 今までこのブログという存在に興味は持っていたのですが、機械音痴という苦手意識から、中々始めるまで行きませんでした。 先月私の母がブログを始めた事を知り、母にできて自分にできない事はないだろうと、勢いで初めて見る事にしました。 右も左も分からず、いたらない点ばかりだとは思いますが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more