テーマ:理学療法士

感じる美術館

一風変わった研修を受けに仙台に行ってきました。医療系の研修なのに、会場は宮城県美術館・・・。 セラピストとして「感じる」事は大切。それは主観を通してである事は自明の理。最近EBMの重要性(科学性)が強調されていますが、我思う故に我あり・・・である訳です。そこをなしにした臨床はあり得ないと思います。医療は人間と人間の関係ですから。特…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二次的障害の予防

最近よく耳にするのが、「理学療法士というのがあったなんてここに来るまで知りまんでしたぁ。近くの整形ではリハビリって言っても電気と湿布だけでしたよ。もっと早くくれば良かったわぁ。」・・・。 本当にまだ認知されていないなぁと実感・・・。 鎖骨遠位端骨で長期の三角巾固定により、骨は癒合し問題ないのですが、拘縮が出来て可動域制限と痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運動療法」とは? 「リハビリ」とは?

理学療法士にとっての「運動療法」と、一般社会で認識されている「運動療法」は同じニュアンスで使われているのか・・・?正直、重要なところだと思います。 今日、健康運動指導士(http://www.jafias.net/)の方達と少し話す機会があって、色々と思う事が。 会報誌を見せて頂いて、まず飛び込んだ文字が「運動療法」。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「リハビリシューズ」には要注意・・・

私の職業である理学療法士とはどんな仕事か、ご存知の方も最近は多くなってきたと思います。 よく聞く「リハビリ」というものの専門職の中の一つで、主に運動機能に対する評価・治療を行います。整体とかマッサージと重なる部分も多くあり、具体的な仕事内容となると、まだ認知度は少ないと思います。 法律的上の定義もありますが分かり辛いので、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more